女性の副業

女性は副業で稼ぐことが出来るのか?

最近、この先の日本の行末に心配しつつ、お給料もアップせずに、いったいどうなるのか、不安だらけ。

だから「子育て共働きのアラフォーの女性が副業で稼ぐことは出来るのか?」ってテーマでブログを開始します。

仕事、家事、育児、いろいろとやる事があって、それでも旦那の給料だけに依存せずに自分で稼ぐ力をつけたいです。

女性の副業事情

仕事をもっている女性って、どのくらいの割合で副業をやっているんでしょうか。

いろいろとネットで調べたら、なんと5人に1人ぐらいは何某か副業で稼いでいるようです。

もちろん結婚の有無、年齢によっても違うだろうけど、20代独身女性の場合は、副業の割合はもっと多いのかもしれません。

特に東京など都心で働き住んでいる若い女性は、給料も手取り20万円もない場合も多くで、家賃や生活費でほとんど余裕がないでしょう。

 
良くある話では、夜の仕事に関する副業話も多いです。

若い女性ならまだしも、子供も旦那もいる状況で、夜にそう言った仕事をするって事は、やっぱり出来ないかな。

女性の副業ってどんな種類があるの?

副業って言っても、いったいどんな種類があるんでしょうか。

男性ならば、土日の引越バイト、夜間の配送屋の仕分け仕事、居酒屋でバイトとかいろいろ選択肢があるのかもしれません。

もちろん女性だって、男性と同じように体力を使う仕事が出来ない訳ではないけれど、出来れば女性ならではの適正を活かした仕事をしたいところです。

 
女性の適正を活かした仕事って何だろう?

すぐに思い浮かぶのは、やっぱり男性客相手の夜の仕事。

夜の仕事もピンからキリまでいろいろあって、お酒の相手するだけのものから、もっと接近する必要があるものまでたくさんあります。

 
さっきも書いたように、私は夜の仕事はありえないかな。

じゃあ他に何があるかと言うと、ネット使った仕事なんてどうなんでしょうか。

ネットを使って在宅で、しかも女性の適正を活かした仕事ってどんなものがあるのか。

ググってみたら、メールレディ、チャットレディとかそんな仕事があるんですね。

他には、ライター、文字起こし、アフィリエイト、せどり、転売など、副業にはたくさん種類があります。

もちろん女性でなくても、男性がやっている副業もありますけれど。

 
誰だって望みは一緒かもしれないけれど、出来るだけ安全で、時間効率が良くて稼げる仕事であるに越したことはありません。

どんな副業を選ぶべきなのか

女性の副業、多くの種類がある事が分かりました。

多くの副業候補の中で、出来れば在宅で、安全安心に、初期資金が安く、そして長期的に安定してたくさん稼げる副業はあるのでしょうか。

なかなか、そんな美味しい仕事はありませんよね・・・。

でも、何でも良いかと言えばそんな事はありません。

夜の男性相手の仕事はNG、在宅だけどメールレディやチャットレディも少し敬遠したいかな。

 
せどりや転売は、初期費用や在庫を抱えちゃうリスクが多いみたいので、これもリスクを考えるとパス。

それに、せどりや転売って、かなり時間が取られるらしいです。

文字起こし、ライターは手っ取り早くすぐに開始出来そうなのでやってみても良い気がするけど、作業ベースで時間労働になる気がするので一旦保留。

 
ここまで、いろいろ書いて来ましたが、実はやってみたい、興味がある副業がアフィリエイトビジネス。

実は、友人にアフィリエイトですごく稼いでいる人がいるんですよね。

 
アフィリエイト、誰でも出来るように聞いてはいるけれど、挫折してやめる人も多いんだとか。

作業をたくさんしても、時給換算したら100円にも満たないなんて話も聞くけれど、月に何百万円も稼いでいる主婦もいるらしくて、夢はあるビジネスですよね。

女性が副業で稼ぐことは出来るのか、まとめ

子育中で、共働きのアラフォーの女性が副業で稼ぐことは出来るのか?

こんなテーマを持って、副業の可能性を考えみました。

女性の副業、多くあるけれど、家族の時間も確保しつつ、出来るだけ時間効率の良い副業ビジネスを模索します。

今のところ、一度はチャンレンジしてみたいのは、アフィリエイトかな。

10年後20年後に、不安がなくなるくらい大きく稼げるチャンスがありそうなアフィリエイトについて、今後調べてみたいと思います。

-女性の副業

Copyright© ゆりぽんのブログ , 2020 All Rights Reserved.